本文へスキップ

大倉鞄は、帆布とデニムバッグのブランド名です。国内自社工場で縫製し販売しています。

電話でのお問合せは、HPからとお申し付けください
086-472-8271

メールでのお問い合わせはこちら

デニムについて

1960年代、倉敷児島から初の国産ジーンズが誕生して50数年になります。
児島は今や世界に誇る「ジャパンデニム」の中枢を担う存在です。
児島はジーンズを広く浸透させ、日本のファッションや文化に大きな影響を及ぼしています。

デニム 生地  14オンス
   


大倉鞄では、一般的なデニムより肉厚な14オンスの反応染めデニムを使ったバッグの企画、製造、販売を一貫して行います。
オンスとは1平方ヤード辺りの生地の重さの単位です。
通常デニムは、インディゴ染めで使い込むほどに風合いの変化を楽しむものとして知られています。
反応染めのデニムを使うことで、洋服への色移りや変色などを無くしました。
安心してお使いいただけるデニムバッグとなります。


帆布について

児島は古くから木綿が栽培され、江戸時代の頃から織物や縫製技術が発達していました。
これを基盤に発展したのが、今では国内生産の約7割を占めるという帆布産業です。
帆布は綿糸を用いて織った1平方メートルあたり8オンス(約227g)以上の平織りの布のことです。


帆布 生地  9号
  

使い続けるほどに味わいが出て、強度、耐久性、通気性にも優れています。
一般的な汎用性がある帆布は11号の薄手生地が多いと思います。
大倉鞄が使用する9号帆布生地は、中肉・ざっくりとした織り目で、帆布本来の素材感を残しています。
帆布らしい質感を出したトートバッグができました。
生地は生成の他に、底布にカラーの帆布や裏地などに木綿の生地を使用しています。
*綿100%の生地ですので、洗濯する場合には縮みと色落ちにご注意ください。




続きを読む

ブランド情報

大倉鞄
 有限会社大倉被服

〒711-0932

岡山県倉敷市
菰池3丁目4-84

TEL.086-472-8271
FAX.086-472-1823
ask@okura-kaban.jp